悪質な押し買い買取業者に注意!

タンスに眠っていた着物を売ろうとして買取依頼したら悪質買取業者だった・・というトラブルが発生しているようです。悪質買取業者にはどのような特徴があるのでしょうか。悪質買取業者の特徴は大きく2つあります。まず1つ目は押し買いです。押し買いをする業者の場合、着物を査定した後に他の品物も買取しようと査定できるものが無いかしつこく聞いてきます。貴金属を出さないと査定を終了しないという業者もいます。査定時に古物商許可証を表示しない場合は怪しいので必ず確認してください。2つ目は買い叩きです。買い叩きとは買取金額がめちゃくちゃ低くなる行為です。着物を査定する際に、ここがダメだとか
ここが悪いというようなマイナスな部分を強調して伝え、買取金額が下がっても納得せざる得ないようにしてきます。着物の専門知識がしっかりある買取業者の場合はマイナス要素ばかり伝えることはしません。これらの2つは特に注意したいです。しかし査定をお願いする前にこれらを知るのは難しいですね。まずは会社のホームページの確認、そして口コミも確認するようにしてみてください。